宮崎大学 > 工学部 > 情報システム工学科 >JABEE

日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定プログラムについて

プログラム情報

  • 高等教育機関名:宮崎大学工学部
  • プログラム名:情報システム専修コース
  • 認定分野:情報および情報関連分野
  • 認定期間:2005年度より5年間  再認定期間:2010年度より6年間
         カリキュラムの一部変更(平成24年度以降入学生,2012年に変更届け出済)
  •    

情報システム工学科の教育目的と概要

 情報システム工学科では, 社会からの人材育成ならびに21世紀の情報通信社会を支える人材育成の需要を考え, 情報科学の理論,計算機の構成や基本ソフト,情報解析技術などの 基礎情報科学分野と,情報ネットワーク,生産情報システムなどの産業情報システム分野の 双方で幅広く活躍できる人材の育成を目指しています. また,実システムの開発に必要な情報システムを設計,実装,評価する 実践力を養成します. これらを講義と演習をバランス良く配置した体系的なカリキュラムで 教育をおこないます.

学習・教育到達目標

以下に示す学習・教育到達目標を掲げ、学生への教育にあたっています。 (2016年12月13日に文言を一部改訂しました。 旧バージョンはこちら)

  • A. 工学技術者としての基礎的素養

    • A-1 問題を環境、人間、文化、社会、国際関係などの側面から多面的にとらえる能力を身につけている。
    • A-2 工学技術者が社会に及ぼす影響や技術者としての倫理的責任を理解している。
    • A-3 数学、物理、化学、生命科学などの工学者としての基礎知識を習得し、それを応用する能力を身につけている。
  • B. 情報の専門技術者として、どの分野でも活躍できる能力

    • B-1 数学及び情報科学の理論の基礎を理解し、情報工学の様々な問題に応用する能力を身につけている。
    • B-2 計算機システムの構成や動作に関する知識を習得し、ソフトウェア開発に応用する能力を身につけている。
    • B-3 問題を解決するために、既存のアプリケーションソフトを利用する能力及び自らプログラムを作成する能力を身につけている。
    • B-4 問題を分析し、モデル化を行うとともに、プログラムをデザインし、実装し、評価できる能力を身につけている。
  • C. 自己学習能力および他者と協働して計画を遂行する能力

    • C-1 自分の考えを伝え相手の考えを理解するための、日本語による論理的な記述、プレゼンテーション及び討議を行う能力を身につけている。
    • C-2 英語による情報を理解し、基礎的なコミュニケーションを行う能力を身につけている。
    • C-3 情報技術の進化に対応していくために、主体的かつ継続的な学習の必要性を理解している。
    • C-4 与えられた制約の下で課題を解決するために、計画的にその課題に取り組む能力を身につけている。
    • C-5 チームとして目標を共有し、コミュニケーションを図りつつ問題解決に取り組む能力を身につけている。

教育分野と授業科目の流れ

  • 1年次
    数学解析1および2、線形代数、力学、基礎化学、情報工学序説、プログラミング演習1お よび2
  • 2年次
    数学解析3、応用数学1、電磁気学、基礎物理学実験、離散数学、アルゴリズムとデータ 構造、コンピュータアーキテクチャ1および2、確率・統計、情報ネットワーク、オペレ ーティングシステム、プログラミング演習3および4
  • 3年次
    工学英語、オートマトンと言語理論、データベース、ソフトウェア工学、情報セキュリ ティ、情報理論、技術者倫理と経営工学、プログラミング演習5および6
  • 4年次
    情報工学セミナー1および2、卒業研究

    授業科目の流れ(pdf

     

修了要件

  本教育プログラムの修了要件は.当学科の卒業要件と同一です. 宮崎大学学務規則第38条に基づき宮崎大学共通科目履修規程第3条(履修方法), 宮崎大学工学部専門科目履修内規第10条(卒業研究着手の要件), 同第11条(卒業の要件)が定められています. 具体的な卒業の要件については,キャンパスガイド(学生便覧)に定められています.

○卒業に必要な単位数

(A)共通教育科目の単位数
(B)専門必修科目の単位数
(C)専門選択科目の単位数
38
73
17
   総取得単位数
128

○総合評価基準

JABEE教育プログラム
学習・教育到達目標 評価対象となる主要科目
基礎教育科目の<>内の科目は科目群の名前
評価方法とその基準
A A-1 【基礎教育科目】 <初修外国語>、<現代社会の課題>、環境と生命 左記の科目すべての単位を取得していること。
各科目の単位取得条件はシラバスに記載の通り。
A-2 【基礎教育科目】 情報・数量スキル
【工学基礎科目】 技術者倫理と経営工学
【専門必修科目】 情報工学序説、情報セキュリティ
A-3 【基礎教育科目】 数学の考え方、物理科学、環境と生命
【工学基礎科目】 数学解析I、数学解析II、線形代数、力学、 基礎化学、数学解析III、応用数学I、電磁気学、基礎物理学実験
B B-1 【専門必修科目】 情報工学序説、離散数学、 アルゴリズムとデータ構造、確率・統計、情報理論、 オートマトンと言語理論、知識情報処理
B-2 【専門必修科目】 情報工学序説、コンピュータアーキテクチャI、 コンピュータアーキテクチャII、オペレーティングシステム、 情報ネットワーク、プログラム言語論、ソフトウェア工学、 データベース、情報セキュリティ
B-3 【基礎教育科目】 情報・数量スキル
【専門必修科目】 プログラミング演習1、プログラミング演習2、 プログラミング演習3、プログラミング演習4
B-4 【専門必修科目】 プログラミング演習4、プログラミング演習5、 プログラミング演習6
C C-1 【基礎教育科目】 大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、 専門教育入門セミナー
【専門必修科目】 情報工学セミナーI、情報工学セミナーII、 卒業研究
C-2 【基礎教育科目】 英語
【工学基礎科目】 工学英語
C-3 【基礎教育科目】 大学教育入門セミナー、専門教育入門セミナー
【専門必修科目】 情報工学セミナーI、情報工学セミナーII、 卒業研究
C-4 【専門必修科目】 プログラミング演習5、プログラミング演習6、 卒業研究
C-5 【基礎教育科目】 <現代社会の課題>
【工学基礎科目】 基礎物理学実験
【専門必修科目】 プログラミング演習5、プログラミング演習6

継続的な教育点検・改善

情報システム工学科では、教育について、常に点検を行ない、 継続的な改善に取り組んでいます。

新カリキュラムについて

工学部の大幅な改組改編により, 2012年(平成24年)4月入学生から教育カリキュラムが変わりました. これまでの情報システム工学科(情報システム専修コース)の教育プログラムは, 平成22年度に継続審査を受審し,現在, 日本技術者教育認定機構(JABEE)から認定されています (こちらをご覧ください). 新しい情報システム工学科ではコースを一本化したうえで, JABEE認定に対応したカリキュラムを編成しています.
〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

Copyright © 2011, Faculty of Engineering, University of Miyazaki. All rights reserved.