Last modified: Wed Aug 23 14:41:38 JST 2017

宮崎大学 工学部 情報システム工学科 201年度前期 授業科目:情報工学特別講義

単位数:2単位
対象:3,4年次
日程:集中講義 2017年8月29日(火)〜 9月1日(金)
教室: 工学部 A-116 講義室
初回は A-116 で 10:30 から.
担当教員:安斉 将 先生 (イラストレーター,八戸工業大学 感性デザイン学部 非常勤講師)
事前準備情報


概要

 イラストレーションは、写真やタイポグラフィーとともに、一般的な視覚表現の手段であり、いろいろな媒体に使われている。その種類、技法は多種多様であり、その善し悪しは何をどんなアイデアで表現するかにかかっている。この講義では、いろいろなイラストの手法、アイデアを探りながら、自分のオリジナル作品を制作する。身体を使ったアナログな表現方法を体感することで、デジタルとは異なる思考や構築方法を認識する。

教育目標

  1. イラストレーションの基礎的知識を理解する。イラストレーションの基礎的技法を理解し、各種イラスト表現ができるようにする。
  2. イラストレーションの発展的知識、技法を知る。イラストレーションの専門的技法を理解し、各種イラスト表現ができるようにする。
  3. イラストレーションに関する基礎的な知識を理解し、作品を作る。
  4. デジタルとは異なる思考や構築方法を認識する。

授業計画

第1回 安斉先生講演会「何をどんなアイデアで表現するか・してきたか」
第2回 ガイダンス,線の実験
第3回 面の実験 1

第4回 面の実験 2,構成の実験 1
第5回 構成の実験の講評,イラスト史,色の実験
第6回 色の実験,構成の実験 2
第7回 トリミングの実験

第8回 実験の講評,大型作品制作 1
第9回 大型作品制作 2
第10回 大型作品制作 3
第11回 大型作品制作 4

第12回 大型作品講評,プレゼンテーション
第13回 ゲリラ展示
第14回 ゲリラ展示
第15回 展示写真鑑賞・講評,まとめ

 (これはあくまで予定であって、変更の可能性があります)

文献・教材

準備・使用する資材


成績の評価基準

提出物および作品による総合成績で評価する。

イラスト表現をするに当たり、日常のものを見つめる眼は重要である。いろんなものに好奇心を持って見る姿勢を持って欲しい。授業の課題に合わせて、イラストの発想の材料を集めておくことが望まれる。



リンク